« もう5分咲きです! | トップページ | 暑いくらいの、いよいよ春本番です »

2009年3月17日 (火)

情報漏えい防止の秘技

週刊アスキーの2月24日に載った特集ですが
覚えのため、またきっと役にたつ、と思いブログしておきます

■Winnyウィルス感染でのデータ流出を防ぐ

01 フリーのセキュリティソフトでWinnyの利用を制限する

KINGSOFT InternetSecurity U
http://www.kingsoft.jp/is/

02 PSP経由で入手したファイルの拡張子を確認する

EXEファイルは注意
拡張子は見えるようにしておいた方がよい
エクスプローラのツール、フォルダオプション、表示、
登録してある拡張子は表示しないのチェックは外しておく

03 仮想化して本物のPCへの被害を抑える

Virtual PC 2007
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/winfamily/virtualpc/default.mspx
をインストールする

WinnyなどのP2Pソフトを使っていなくても、感染したファイルを受け取った場合
データの流出の危険性が出てききます
今、使っているPCの中に別のPCを設定することで被害防止します

04 究極の対策はP2Pを使えなくする

使用制限をしているプロバイダにする
ぷらら、ASAHIネット
速度制限をするプロバイダ
BIGLOBE、nify、so-net

■万が一データが流出した場合

05 どれだけ流出したかをツールで確認、あとはなるべく騒がない

Antinny発覚
http://forensic.netagent.co.jp/antinny-search.html

関係ないよ、という人も、このソフトで感染されていないことを確認して安心しましょう
でも、これ自体がスパイウェアだったらどうしよう・・・・
そんなことを言っていると、怖くて絶対ネット接続はできなくなります
危機管理の意識だけは失わないように

■なにげなく書き込んだ内容を元に、個人情報を特定されたりしてしまいます
公開中の掲示板での個人名や住所等は厳禁です

06 各サービスで、忘れないようIDを同じすることは便利ですが避けるべし

07 同窓会やサークル等のサイトは閉ざされたものにすべし

08 写真の投稿も場所を限定されるものは努めて避ける
   (もっともサイトでしていることが商売で、来て欲しい場合は別ですよ)

09 フィッシング詐欺をフリーソフトで阻止

McAfee SiteAdvisor
http://www.mcafee.com/japan/products/siteadvisor/

10 サービスごとにIDやパスワードを管理するのは大変(一括管理するには)

フリーソフト
ID Manager
http://www.woodensoldier.info/soft/idm.htm

11 バレにくいパスワード

フリーソフト
Password Creator TypeB
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se161038.html

ソフトを使わないで設定するコツ
・複数の単語の組み合わせ
・思いついたキーワードの末尾にサービスの頭文字

12 メールで届くIDやパスワードにも注意

登録通知メールに、あからさまに載せるところがあります
人に見られないように・・・
Becky!

というソフトは有料ですが、起動時にパスワードが求められ堅牢です

13 ID登録用のWEBメールアドレスを用意する

時限式の使い捨てメールアドレス
http://www.10minutemail.com/

やWindowsLiveHotmail
http://jp.ophenbaha.com/webmail/
なんかどうでしょう

14 IE7を設定変更して高セキュリティに

オートコンプリートは便利ですが、無効にしておいた方がよいかも
IEのツール、インターネットオプション、コンテンツタブ、オートコンプリートの設定で
フォーム以下のチェックを外します
あと、個人特定できるCookieを制限するため
プライバシータブのプライバシー設定を中にしておくといいです

15 重要データを持ち歩く時や共用PCにデータをおく時は
   フリーソフトで暗号化します

おすすめフリーソフト
アタッシェケース
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se280871.html
はドラッグ・アンド・ドロップで暗号化できます

16 テキストデータを暗号化

簡単暗号!クリクリ君
http://rd.vector.co.jp/soft/win95/util/se460902.html

17 割符ふうに分割して暗号化

マル秘分散
http://www.ma-bu.com/


18 登録したPCでのみアクセスできるUSBメモリ

エレコムMF-NU216GBU
http://www2.elecom.co.jp/data-media/usb-flash/mf-nu2/bu/

19 USBメモリをPCロック錠にする

Black Burn
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se333193.html
というフリーソフトで、USBメモリを抜くと画面切り替え不能になる

ネットカフェや公共施設、ホテルなど不特定多数の人が訪れる場所で
PCを使う場合、キーロガーの存在に気をつけましょう
キーロガーとは、インストールされていることをわからないようにして
キーの入力情報を極秘に外部へ送信するソフトのことです

20 席を離れる時は、スクリーンセーバーを

スクリーンセーバー設定で、再開時にログオン画面に戻るようにしておくとよいです

21 PCの電源を物理的にロックする

サンワサプライ SL-09
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=SL-09

22 セキュリティソフトでキーロガー対策

A-SQUARED Free
http://www.emsisoft.jp/jp/software/free/

23 動作監視ソフトを使ってPCの状況に気を配る

もしかして自分のいない間にPCをいじられているかも、と思ったら
PCの起動時間などを記録するフリーソフトがあります

俺がPC見ててやるからお前は安心して先へ行け
(これがソフト名です ^_^; )
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/060107/n0601076.html

24 ソフトキーで個人情報を入力

手っ取り早くキーロガーの被害を回避するなら
ソフトウェアキーボードを利用しましょう
マウス操作dえIDやパスワードを入力すれば、盗聴されずにすみます

スタート、アクセサリ、コンピュータの簡単操作でスクリーンキーボードを起動します

以上秘技24でしたが、

もっと肝心なのは、SSLも知らずにIDやパスワードや個人情報を入力しないこと
不審なメールは開けない、怪しいサイトには近づかない、
不用意にリンクをクリックをしない、といった人間社会でいう

「手洗い」と「うがい」は

最低限、守る、ということです

|

« もう5分咲きです! | トップページ | 暑いくらいの、いよいよ春本番です »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報漏えい防止の秘技:

« もう5分咲きです! | トップページ | 暑いくらいの、いよいよ春本番です »