« 2006年7月 | トップページ | 2007年3月 »

2006年8月21日 (月)

ボットネットの恐怖

1ヶ月に1度の書き込みでは、ブログとは言えませんね
猛暑のせいにして猛省・・・・

ためておいた日経パソコン8月14日号を何の気なしに開いて
あ、これは載せなきゃと思い立たせてくれた記事

ボットネットの恐怖

ご存知のかたは読み飛ばしてもらって結構ですが
知らない人は、是非この意味と自分のパソコンが被害にあってないか
確認してください

そもそもボットネットとは・・・
早い話、自分のパソコンが
知らないうちによからぬ人の悪行に加担、
犯罪の片棒をかつがされてしまうのです
世界のパソコンの40~50台に1台の割合で感染しているといわれています

普段は、おとなしくしているものだから
ウィルスよりタチが悪いです

症状としては

急にネットにつながりにくくなる
パソコンが異常に遅くなる
CD/DVDドライブが勝手に開閉する
(要するに第3者に勝手にパソコンが操られているのです)
迷惑メールがよく来るようになった、と言ってるうちに
自分も知らないうちに、その迷惑メールを発信していたりするのです

さて誰もが心配、このボットネットに自分のパソコンが該当しているかどうか
確認する方法

hostsというファイルを探し出します

WindowsXPなら標準で
C:\WINDOWS\SYSTEM32\DRIVERS\ETCのフォルダ
Windows NT,2000の場合は、
C:\WINNT\SYSTEM32\DRIVERS\ETCのフォルダ
WindowsMe以前なら
C:\WINDOWSの中にあります

そのhostsというファイルを見つけたら
あらかじめメモ帳を開いておいて、その中にhostsファイルをドラッグします
すると、中身が現われます

一番下の方に、
127.0.0.1   localhost
だけならいいですが、

127.0.0.1    www.microsoft.com
127.0.0.1    www.nai.com
127.0.0.1    trendmicro.com
127.0.0.1    update.symantec.com
127.0.0.1    updates.symantec.com

と余計なものが紛れ込んでいたらアウトです
もう手遅れ、パソコンを初期化(Windowsの再インストール)
するしか方法がないです

ボットネットについては

もし、ネット環境がブロードバンドでGyaoが見られるなら
必見
「新たなる脅威“ボット”とは」
実写映像でその様子がわかります

WEB上で読むなら

変なメールBasic

あなたを襲うゾンビ PC の恐怖 PC はすでに死んでいる !? -
ゾンビ PC

今回このことを書くきっかけになった日経パソコンの記事から
要点を転載しておきます

ボットによる7つの災厄

1 キー入力が筒抜け(IDやパスワードが筒抜け)
2 クリップボードの情報も盗まれる
3 デスクトップを盗撮
4 パソコンの全ファイルがネット上に公開される
5 いつの間にか迷惑メールの送信者になってしまう
6 サイト攻撃の共犯者に
7 勝手に詐欺サイトが開く

こんなパソコンは危ない

【行動】
ウィルス対策ソフトが入っていない
対策ソフトのパターンファイルが古い
Windowsやアプリの修正プログラム(パッチ)を適用していない
知らない人からのメールの添付ファイルを開いた
怪しいWebサイトでフリーソフトや画像をダウンロードした
アダルトサイトや懸賞サイトをよく利用する
ルーターもパーソナルファイアウォールソフトも入っていない
【症状】
ウィルス対策ソフトメーカーのWebにアクセス出来ない
気がつけば対策ソフトが無効に
対策ソフトをインストールできない

これだけはやっておきたいボットの感染を予防するための心得

Windowsやアプリの修正プログラムを忘れずに適用
ウィルス対策ソフトを入れてパターンファイルを最新に
ルータかパーソナルファイアウォールソフトを使う
添付ファイルのWクリックは慎重に
怪しいWebサイトでのファイルのダウンロードは避ける

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2007年3月 »