« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月23日 (日)

エラーメッセージが出たら・・・

パソコンをしていて何がヤだって
あの人を人と思わないエラーメッセージですね

ハナから諦める人、
一生懸命、そこに書いてある文言を書き留める人
いろいろいらっしゃることと思いますが

今回のこのブログを読んだら、エラーメッセージ対処がうんと楽になります
まずは、その症状を人に説明しないといけません

それには、そのエラーメッセージの写真を撮るのです
写真を撮るといってもデジカメを取り出さなくてもいいです

パソコンには、画面をそのまま写真に撮る(キャプチャする)機能が
ついているのです(昔は、ハードコピーといってました)

パソコンの全画面なら
PrintScreenキーを押します
(キーの数の少ないノートパソコン等はFnキーも同時に)

アクティブウィンドウ(エラーメッセージ)だけを撮るなら
ALTキーを押しながらPrintScreenキーを押します
(キーの数の少ないノートパソコン等はFnキーも同時に)

参考図Kid_1  (クリックすると大きくなります)

Kin



















この時点では何も起きませんが
パソコン内では、ちゃんと仕事がされています

次にマウスがまだ動くならWordを立ち上げます
(もし、マウスが動かないなら、Windowsキーを押しながらR
 winwordとタイプすればWordが起動します)

あとは、CTRLを押しながらV

ほーらエラーメッセージをゲットできたでしょ

あとは、ファイル、送信、メールの宛先(添付ファイル)
(ALTを押しながらFを押して、D、Sとタイプでもよい)
で、その状態を、私(hba01061@nifty.ne.jp)にメールするだけです

ただし、これはエラーメッセージが出ても
パソコンがフリーズしていないことが前提条件です

それと大切なのが、そのエラーメッセージが
いったいどんな時に出現するのか、
また再現性(自分で必ず出せるか)が解決の糸口になります

マーフィーの法則に
『悪いところを他人に見せようとするとパソコンはちゃんと動く』
ってのがありますが

エラーメッセージが出るには、それなりの理由があるのですから
とりあえず、意味不明のエラーメッセージが出たら
上記の方法で、その画面をゲットしてください

いっしょうけんめいエンピツで紙に書き留めなくてもいいよって
ハナシです

このテクは、何もエラーメッセージに限らず
どうしてもゲットできない画像(右クリック、名前をつけて保存ができない画像)
や、パソコンの画面に現れたものなら何でも出来ます!

ではでは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

コンサート・ウェディング

何度か打合せをくりかえし
前回、作るといっていたパンフレットが完成しました

まだ手直しが入ると思いますが
イラストレータで作ったパンフです

3つ折りになっていています
(クリックすると原寸大で見ることができます)
サイズの関係上、JPGに変換してあります


Kwest2










Kwestc2










つくづくイラストレータの機能の深さと
自分の未熟さを感じたので
これからできるだけ毎日一題

イラストレータの問題集を解いて
それをアップしようと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

Consert Wedding

また何も更新しない病・・・であります。
はや7月、ワールドカップは準決勝まで来ております。

世の中は
Office2007ベータ版は出るわ
MediaPlayer11ベータ版は出るわ
IE(InternetExplorer)7ベータ版は出るわ
WEB上で使える表計算GoogleSpreadsheetsは出るわ
そしてWindowsVistaベータ2は出るわ

時の速さに、私はついていけませーん!

そんな中、教えに行ってるパソコン教室の生徒さんのお嬢さんが
名古屋で活躍中のトランペッターで
今回、結婚式に生演奏する宣伝のためのパンフを作ってほしいとのこと

たけちゃんとしてはイラストレータで挑戦しようと思います

そのご本人のお顔を見たい
じゃーん!
そのお母様(生徒さん)が作られたHP(未完成)を先行公開します
ココです

西崎佳代子さん、
とても小顔(頭のでかい私と並ぶと余計に小さくみえます)の美人トランペッターです
これから華燭の典をあげられる方、
またお友達、ご家族、ご親戚に
ConsertWeddingをご提案ください

このパンフできあがったらアップしますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »