« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月16日 (金)

NHKにもの申す

NHKの前に、マイクロソフトであります。
あいも変わらず、完成されたOSではなく毎月のようにセキュリティホールを
補完するパッチ(プログラム)を発表しています
しかも今回は、もうWindowsMe以前は対応できませんとのこと。
これをNHKは「ついにマイクロソフトはWindowsMe以前のOSは、
もしウィルスにかかったらそのまま処置されないままとなります・・・云々」
と報道したものだから、Meや98を今も愛着をもって使っている人を
びびらせることになってしまったわけです。
(私のところにも心配のヘルプが多々来ました)。
何のことはない(とは言い切れませんが)、穴の空いたプログラムでも、
ウィルス対策をちゃんとしていれば大丈夫です、と答えました。
マイクロソフトは、来年初頭には新しいOS、Vistaが出る時勢、
いつまでも古いOSなんて構っていられらない、そんな古いエンジンでは高速道路は走れませんよ、と示唆しているのかもしれません。
冗談じゃない、ちゃんと使っている人は使っているのです。

インターネットとサヨナラすればいいでしょうが、そうはいかない、もう引き戻せない。
では、どうすればよいか?
(OSの確認は、マイコンピュータを右クリック、プロパティでわかりますね)

Me、98の方は、ほんとそろそろ替え時なのかもしれません
何とか時期OSの出る来年初頭まで今使っているPCで頑張る、
という方法もあります

しかしうわさに聞く次期バージョンVistaは、
異次元のような仕様・・・

また最初から覚えなければいけない部分が多々あるようです
まあ、それにしても世界で一番のシェアのWindowsのユーザーを困らせて
どこが面白いのでしょう

真実は、とんでもないことかもしれませんが
NHKもマイクロソフトもグルで、
ウィルスもマイクロソフトが自らばらまいているのかもしれません

パソコンを買い換え続けてもらうようにするには
いつまでも古いパソコンを持っている人に対して
対応不可能のウィルスをばらまけばよいわけですから・・・・
(それでも各ウィルス対策ソフト会社は、がんばるでしょう)

そのうちWindowsは信用されなくなり
人々は目覚めるかもしれません
(MacやLinuxという選択肢をとる)

今回の件については
>セキュリティホールmemo
に詳しく載っています

同様に、Office2007のβ版(試作品)が公開されています。
もう別物かと思わせる大幅な仕様変更であります
新しもの好きの方はインストールに挑戦するのもまた良しです
でもね、いろいろな雑誌の検査によると、
いつものお節介すぎ、多機能すぎて大いにとまどうようです

新機能等

ダウンロードするならココから

こんなことを書いていたら
ビルゲイツはマイクロソフト社を退任するようであります
ココに載っています。

なんか小泉さんみたいであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

山田オルタナティブ

この山田オルタナティブ、ご存じのかたも多いと思いますが
ぜったいにかかってはいけないウィルスであります。

どのようなものか、といいまうすと
自分のパソコンの中身をすべてネット上にさらけ出す代物です

確認方法は

山田オルタナティブまとめ
http://yamada.xxxxxxxx.jp/

にもあるように、そこに解説してあるサイトを見てみるか
CTRL+ALT+Deleteキーでタスクマネージャを立ち上げ
プロセスの中に sys.exeupdate.exe が入ってたらアウトであります

この世の終わりとも言える山田オルタネティブ、どうかお気をつけください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »