« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月25日 (火)

カセットのCD化

前々から、時間と暇があればやってみたいと思っていた
超昔ためこんだマイテープのCD化

今の子供たちは、おそらくカセットテープというものさえ
知らないかもしれない・・・・

この作業を有料で行っているところがありました
レコード・カセットテープをCD化
いくら高音質といえ、ちょっと高い

他に解説したサイトは結構ありましたがhttp://azby.fmworld.net/usage/vfami2/028/1_1/index.html
http://homepage.mac.com/jsgarage/C303066367/E158803202/index.html
どちらも専門的ユニットを使っています

昔読んだ雑誌の切り抜きを、自分の覚え用にPDF化しておきます
なあに、特別音質にこだわらなければ
ラジカセとケーブル、そしてフリーソフト
SoundEngine
があれば一応パソコンにとりこめますぞよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

パソコンを最速にする方法

巷には、いっぱいパソコンを速くする方法の本が出ていますが
どの方法より、一番効果のある方法を私は知っています

この方法をして、さらにチューンアップすれば
とてもすばらしい結果が得られます

さて、その方法は、というと・・・
パソコンを買ってきた最初の状態に戻してやることなのです

ご存知かもしれませんが
パソコンは、使えば使うほど遅くなっていきます

ディスククリーンアップ、デフラグ、等やったところで
所詮は一番最初の状態にはかないません

そのためにも、もしハードディスクがパーティションで分かれていたら
プログラムはプログラムで1つのドライブに
データは、別のドライブに集めると何かと便利であります

データのバックアップは、下記のものすべてを保存しましょう

マイドキュメントの中身すべて
メールの本文、アドレス帳
インターネットのお気に入り
自分で登録した単語辞書
自分で作成したひながた(テンプレート)

今回、私は、この4年来の付き合いのある
親しみ深い方のパソコンを初期化することを決心
WindowsXP HomeEditionからWindowsProにもアップさせました
(もっともこのパソコン、WindowsMeとダブルブートです)

自分でXPをインストール出来る人は大丈夫でしょうが
最初から何もしなかった人は
おそらくメーカー製のパソコンでしょうから

そういう場合は、付属についているパソコンの取説(取扱説明書)に
必ず、パソコンを買ってきた状態に戻すにはという項目があるはずです

あとは、それを実行するだけです
(くれぐれも大事なデータのバックアップはしてくださいね)

それでも、心配な私は、今回初期化するHDDの内容を全部
外付けのHDDに移しておいたのですが
失敗したのは、FTTP(ホームページをアップさせる方法)の
具体的なIDやパスワードの設定のバックアップを忘れてしまったことです
他にもきっといろいろ出てくると思います

これらは、いくらプログラムのドライブやフォルダを
バックアップしておいても
Windowsと関連して設定されているものは
新しくWindowsをインストールすると
また、最初から設定が必要になってきます

まるっとバックアップして、ものの10分で復元するには
TrueImage8.0
というソフトがあります

正規版は高いですが、ソースネクストから廉価版が出ています

あと、メンテナンスにこだわるなら
すばらしいソフトがあります

DiskX Tools や Super XP Utilities

これらを使うと通常ではクリーンアップできないところまで
パソコンの中身のお掃除をしてくれます

パソコンの中身の大掃除

以上、ソフトの宣伝にもなってしまいましたが
おかげさまで、私のパソコンは超スローだったのが
今ではサクサク動くようになりました

めでたしめでたし (^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

CPU使用率100%

パソコンが遅くなってきた時の最良の改善策を書くつもりでしたが
それは次回にして

本日レスキューしたところで学んだ活用できることを
優先して書きます

Windowsパソコンはマルチタスクといって、複数の作業を同時に
することができますが
何も作業をしていないのに、随分パソコンが重たいな
(動作が鈍いな)と感じたことはありませんか?

こういう時、原因をまず確かめる良い方法で
タスクマネージャを立ち上げる、というのがあります
(もっともこれはXP以降ですが)

CTRL+ALT+Deleteを押すと立ち上がるこのプログラムは
立ち上がると、下にプロセス数とCPU使用率○%と表示されています

上のアプリケーションタブを選んで、何もアプリケーションが立ち上がって
いないのにCPU使用率が100%の場合、何が原因かを調べます

上のプロセスタブをクリック、いろいろなプロセスが立ち上がっていますが
この中で一番使用率の高いもの、それが悪さをしているのです

今回、パソコンが遅いという方のクランケ(パソコン)は
spoolsv.exeというものが異常にCPUを使用していました

よくよく調べてみると
プリンタの設定画面で
Microsoft Office Document Image Writerという
イメージとしてファイル出力するプリンタ(ソフト)に
未完了のスプール(これが残っていると繰り返し印刷されてしまうもの)
が残っていました

こいつが犯人
人間でいうと、ふんづまり状態ですね
そこにパソコンの全エネルギーがそそがれてしまうため
他の作業がどうしても遅延になってしまっていたのでした

もし、ご自分のパソコンが挙動不審、異常に動作が遅い時は
CTRL+ALT+DeleteでCPU使用率が100%になっていないか
まず確かめましょう

こんなすばらしい、原因解明策があったとは、
全然知りませんでした

CPU使用率が100%でググる
結構事例が出てきます

そういえば、マイクロソフトやウィルスバスターでもバグがあったのを思い出しました

読者のみなさん、ご自分のパソコンは大丈夫?

CTRL+ALT+DeleteでCPU使用率をご覧あれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

玉画像

玉画像・・・と言葉を初めて知りました

珠玉の言葉というのがありますが、そのニュアンスとはちがい
毎年、毎月違う、カレンダーを画像化したものです

これは、ご自分でカレンダーを作られる人にはとても便利です
なにが便利かというと、
自分で、あの面倒な日付入力をしなくてもいいのです

カレンダーファクトリーというサイトが
なんと、無料で公開しています(2006.1~2007.3分)
カレンダーが7パターン、スケジュールが6パターンあります

このカレンダーファクトリーは、自作カレンダーキットを販売しています
(生徒さんで実際作られた方がいますが、なかなかいいです)

自分でカレンダーを作る場合、いろいろな方法がありますね

・ワードで何もない状態から作る
・ワードのカレンダーウィザードで作る
エクセルで作る
・専用ソフト(たとえばラベルマイティ

どの方法をとるかで、パソコンの趣向がわかります
万年カレンダーをつくることに喜びを感じる人はエクセル派
デザインに凝りたいので、日付を入力するのは面倒って人はWord派
いっさいおまかせがいい人は専用ソフト派 ってとこでしょうか

かつてエクセルで、日経PC21の表計算腕自慢にもあった
エクセル作品(この中に)を載せてあります
ネットで調べたらフリーソフトもあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

ブロードバンド必見!

何も情報を発信していないので(たけべん発刊はいつになるのでしょう)
生きている証に、面白いサイトをご紹介!

生徒さんからの楽しい、面白い情報です
(ネタ切れの私にとって生徒さんからの質問や情報は
 何よりの活力源であります)
映像なので、電話回線の人はちょっと大変かもしれません

メタカフェ

といって投稿ビデオが閲覧回数順でランク付けされています
そこで、Video Searchの欄に CAT とか DOG とか入力して
検索するといろいろ猫や犬の面白ビデオが登場します

抱腹絶倒まちがいなし!

いつのまにか
こうやって映像をネットで楽しむ時代なのですね

テレビよりネット、って方、多いのではないでしょうか

光ファイバーの導入をお考えの方
数年後には、どの家庭にもあるものと私は考えるので
工事費がタダのキャンペーン中に申し込むのは良策だと思います

ただ、オプションでついてくるひかり電話
たしかに便利ですが、こないだ(3/31)の
NTT西日本の回線トラブル
を見る限り、あ、やっぱりということが起きました
ネットはつながらなくなると致命的です

固定電話を外して基本料金を不要にするのは
ちょっとまだ先かな、というのが私の感想です
(私自身、光ファイバー歴は3年になりますが
ひかり電話は、まだ躊躇しています)

それより、どうなるかしらんのlivedoorがやっている
スカイプ、以前試して挫折(うまくいかなかった)を
再挑戦してみようかな


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »