« お気に入り | トップページ | パソコン教室 »

2006年3月23日 (木)

疲れを早くとる方法

これは自分の覚えとして、書き留めておこう
こないだの発掘!あるある大事典Ⅱ(日曜夜9時フジテレビ系)
は、目からウロコでした

同じ運動をしても早く疲れが取れる人とそうでない人のちがい・・・
また、歳を取ると(私は、今日48歳!)疲れが中々とれないのは・・・

『疲れがとれる!最新!脳トレーニング』

を読んでいただくとよーくわかりますが、
要するに、前頭眼窩野(ぜんとうがんかや)が「休め!」という命令を
出すかいなかなんですねー

歳をとるほど(25歳を過ぎたらもう)、その命令が出にくくなるそうです
それを補うためには、次の3つを実行

あったかい牛乳を飲む(焼肉やニンニクだけではいけない)

こめかみを10回指圧(押す時、息をはきだす)して前頭眼窩野を刺激

嫌な人のことを思い浮かべながら寝る

この3つ目の、対人関係をもつ(コミュニケーションをとる)人ほど
疲れを取りやすいというのが、なるほど!って感じです
まあ、詳しくは、上記リンクをご覧遊ばせ

二日酔いが遅くなるのもきっとこれに違いない!

あるあるの過去分タイトル(インデックス)はこちら

|

« お気に入り | トップページ | パソコン教室 »

コメント

初めまして。表題が目に付いてお邪魔しています。激しい運動や肉体労働なら疲れも出ますが休息でいずれ回復しますよね。それ以外の疲れって精神的なもの?ま、どっちにしても回復補修材が十分あれば回復も早い。暖かい牛乳→栄養補給、こめかみ→運動、思い浮かべ→休養としてお互い健康も確保して、仕事、頑張りましょう!!失礼しました。

投稿: 5151 | 2006年3月23日 (木) 15時50分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疲れを早くとる方法:

« お気に入り | トップページ | パソコン教室 »